群馬県でとる合宿免許の特徴やメリット

自動車の運転免許は若いうちに取得しておいた方が、短期間で取れます。そして、もう一つ、短期間で取れる方法として、合宿免許があります。通常は、自動車学校に自宅から通学しながら免許取得のための教習を受けますが、合宿免許の場合は、自宅から離れた場所まで出かけて、運転免許取得を目的として宿泊しながら自動車学校に通います。合宿の場合、自分の住所地の近くの自動車学校に入校することはできません。そのため、最低でも隣県、そうでなければ全国規模から自動車免許を取得したくて人が集まってきます。合宿で免許を取るのには、通学で免許を取るのに比べてさまざまなメリットがあります。中でも群馬には軽井沢などの観光地もあるため、多くの人が訪れたがる人気の場所となっています。

短期間で費用も安く免許取得ができる

群馬の合宿免許の一番のメリットといえるのが、短期間で費用も安く免許取得ができる点でしょう。通学の場合は、入校しても混雑している時期ですと、なかなか技能教習の予約が取れないことがあります。そのため、どうしても卒業までの日数が長くなってしまいます。それに比べて、合宿の場合は、技能教習も学科教習も、無駄無く時間を使って取れるようなカリキュラムになっています。AT車であれば最短で14日ほど、MT車なら最短で16日ほどで卒業することができます。例えば、学生の夏休みや春休みの期間を使って効率良く取ってしまいたいという場合におすすめです。また、追加教習になった場合も、合宿だと保証付きのことが多いです。すなわち、追加教習代を必要としないという意味です。教習所に支払う料金も、通学に比べると、宿泊費込でも安い場合がほとんどです。

免許が取れるだけでなく観光も楽しめる

基本的に、運転免許を取るために合宿に参加するわけですが、大体週に1度は休日があります。その日は教習もお休みになるので、教習所の近くを観光することができます。風光明媚な群馬には、都会の人が憧れる軽井沢などのような観光スポットがたくさんあるので、教習がお休みの日を生かして旅行気分で楽しむことができます。自宅から教習所までの交通費は距離的な限度はありますが、教習所が負担してくれますので、身軽に出かけることができます。宿舎もホテルのようにきれいなところがあったり、食事にこだわっている宿舎などもあります。そんな人気の合宿免許ですが、特に学生の夏休みと春休みは繁忙期となります。この時期に出かけたいのであれば、なるべく早く情報収集をして申し込みを行いましょう。