お任せ!夏祭りの装飾購入サイト6選

HOME > 夏祭りの装飾について > 夏祭りを楽しく演出する装飾にはどんな種類があるの?

夏祭りを楽しく演出する装飾にはどんな種類があるの?

 ジメジメと長雨が続く季節は気分もふさぎがちですが、それだけに、梅雨が明けると解放感をおぼえる人も多いのではないでしょうか。
また、梅雨明けは夏休みが始まる時期とも近く、思い切り楽しみたい心境になる人も多いようです。
しかも、夏はお祭りやイベントが多く開催されるシーズン。
たとえば、七夕や花火大会、盆踊りなど、地域をあげて楽しむ行事があります。
また、ご家庭でお盆の飾り付けをすることもあるでしょう。
そこで、夏祭りらしい雰囲気を盛り上げるための飾り付けをしてみたいと考える人もいるのではないでしょうか。
夏祭りの装飾は自分で手作りすることもできますが、時間のない人のために便利な商品も販売されています。
今回のコラムでは夏祭りの装飾にはどんな種類があるのかについて、またそれらの入手方法についてご紹介します。

 手軽に夏祭りの雰囲気を演出できる装飾としては、まず、壁などを華やかに飾るガーランドが挙げられます。
家の中はもちろん、外壁や玄関ドアなども飾り付けて、道行く人と夏祭りの気分を共有するのも楽しいのではないでしょうか。
手作りする場合は色紙などを使って、花火や半被、夏の果物といった季節感のあるデザインを切り抜いたり貼ったりして、カラフルに仕上げると良いでしょう。
100円ショップや総合スーパーの雑貨コーナーなどを探せば、良い材料が見つかります。
自分で作る時間のない人や工作が得意ではない人は、既製品のガーランドを購入するのも良い方法です。
インターネット通販では、様々なデザインのガーランドを販売しているネットショップが多数見つかります。
または、ホームセンターやデパートの季節商品コーナーでも購入することが可能です。

 それから、提灯も夏祭りの装飾としておすすめです。
提灯には和紙と竹で作られた伝統的なものと、ポリエステルとプラスチックやワイヤーで作られた現代的なものがあります。
「祭」の筆文字が入った提灯をいくつか取り付ければ、あっというまに夏祭りのワクワクした雰囲気を醸し出すことができるでしょう。
色や形、デザインにも様々なバリエーションがあるので、組み合わせて使うと華やかさが出ます。
また、庭や公園、広場などでバーベキューをするなら、「焼きそば」「お好み焼き」などの文字が入った屋台提灯を飾ってみると、縁日を歩いているような気分を感じることができるでしょう。
これらの提灯は、自作することも可能ですが、材料を揃えるのが少々大変かもしれません。
夏祭りが多い季節になると、ネットショップやホームセンターなどで夏祭りに使える提灯が多く販売されるようになるので、利用してみてはいかがでしょうか。

次の記事へ

先頭に戻る